りきちゃんが襲われた!
2017 / 05 / 19 ( Fri ) 11:45:06
ここ10日ほどの間
旦那様が出張に行ってたので
私とりきはは実家に帰ってました☆

ついでにと母と姉のヨーキーズをトリミングして
あれは…最後のくぅちゃんのトリミング日でした…

妹の家になんちゃってトリミングルームがあるので
くぅちゃんを連れて車で3分の所に行きました

りきはは実家にも慣れたし
あまり一緒に居るとまた分離不安酷くなるから
実家で一人お留守番してもらってたんです

2時間程で終わり
細かい毛を払いつつ軽く散歩して帰ると
玄関の鍵を開けようとした瞬間
玄関のドアの向こう家の中からりきはの叫び声が!
もうホントに悲痛な叫び声で初めての声でビックリして
急いで鍵を開けてドアを開けると
玄関が血まみれ!!


↓血が苦手な方注意↓






そして逃げるりきはを追いかけるヨーキーの後ろ姿!

瞬時にりきはが襲われたと理解してそいつを捕まえたら
何故か2階で居た姉の子イヴ!

とりあえず怒鳴りながら2階に戻して
急いで戻ってりきはを抱き寄せ明るい所で体のチェック



↓血が苦手な方注意↓







いつもリョーマ(父)とケンカした時のように首を噛まれてる⁉︎
もう乾いてパリパリで傷口が見えない(><)

出血は止まってるみたいやけど
どうしていいかパニックになり
抱っこしてヨシヨシしながらウロウロ…


そしたらくぅちゃんが部屋中走り回ってた…
あ…まだ足拭いてない(O_O)




リビングからローカ、玄関まで血まみれで
りきはが寝てたであろう座布団周辺にはウンチがあり
もしかして寝てる所に降りてきて襲われてちびった?

家中逃げ回ってあっちで噛まれこっちで噛まれしたんかな?






いつ頃降りてきたんやろ?
ずっと怖い思いしてたんやろうな…

もう息も出来ないぐらいのそんな時


根こそぎ引っこ抜けた爪が落ちてた


もう泣きながら1本1本爪触って
ある…ある…ある…

あれは一番堪えましたが
結局全部の爪が付いてて「?」って感じ


落ち着いた所で床を拭き掃除して座布団洗って玄関に水撒いて

さて…


水は掛けれないからウェットティッシュ更に濡らして
優しく拭いてあげました

でもまだ傷口が分からず
元気付けに散歩に連れ出してあげて
今度は外の明るい所で見るけど
赤くブツブツになったり腫れたりしてるだけで
血が出るような傷はない……


体中見たけど他は何もなってないし
「?」


もうお分りかと思いますが
落ちてた爪はイヴので
多分噛んで振り回そうと踏ん張って引っ掛けて
部屋中の血は多分爪が抜けたから出た血で
りきはの首の血はハッキリ分りませんが
多分イヴの口が切れたか歯が抜けたか足を舐めて噛んだか
ウンチもりきはではなさそうで
襲われてちびったなら潰れてるやろうけど違うし
昼と夕方の散歩でちゃんとしたから
イヴが後でわざとしたかな?

なんだアイツ…

後で分かったことですが
イヴが1階に降りてこれたのは
私が暑かろうと窓やドアを開けてあげたからでした
ゲートがあるから大丈夫だと思ったら
ロックと言うのをしないとガリガリして開けるそうです


だからかイヴがゲートをガリガリすると
りきはが目を大きく開いてハァハァ言ったりしてました

体の傷は浅かったものの心の傷は大きいようです

一人になるのを怖がり寝ててもヒャンって飛び起きたり
プルプルが出来なかったり
他の子の鳴き声でビックリしてたり
私でも急に触るとビックリして鳴きます

徐々になくなってきてますが
まだしばらくは首の周りは敏感かなぁ?
またりきちゃんを触って下さる方は
こっちを見てる時に首以外を触ってやって下さいm(_ _)m


でもイヴは自滅したケガ以外は何もなく
りきはが反撃した形跡がないのは
少し誇りに思います^_^

自分が辛くても痛くても相手を傷付けない


私の不注意で置いて行ったのに
私を見て喜んで頼ってくれる姿は胸が締め付けられます…


今日は朝からトリミングしましたが
もう首の痣みたいなのも分からなくなってて
やっぱり怪我はなかったです(笑)


色々大変でしたが


もうほぼ元気なので
間抜けなイヴの笑い話になりつつあります( ̄∀ ̄)

めでたしめでたし。。。

スポンサーサイト
未分類 TB:0 CM:8 admin page top↑
<<鞄入り息子♪ * HOME * りきは12歳の誕生日♪>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

ヒヤヒヤもので 読み進んでいきましたよ。

お互い 怪我も酷くなさそうで よかったですが

あの ボケーっと温厚な りきちゃんが 怖い目にあったのかと思うと
まま居ないし 怖かったでしょうねぇ

りきままが え? なに? え~?
えええ~? って パニックな姿と顔が 目に浮かび
悲鳴が聞こえてきそうです

あ! りきちゃんのこと 触ったり抱っこしたりしないので 後半の注意書きはスルーさせて頂きました。

しばらく 心落ち着くまで ずっと傍に居てあげてくださいね
それでも 傷ついた心が 癒されそうにないときは か~ちゃん。と牛取りゲームして 怖かったこと忘れようね~

出張と言う名の 家出から もう旦那様は帰って来ましたか?

by: らみしんか~ちゃん。 * 2017/05/19 17:16 * URL [ *編集] * page top↑
 

おそるべしイヴ君
りきちゃん しばらくは 後ろから もしゃもしゃ触れないねぇ~
でも 爪が 抜けるくらい 踏ん張るなんて・・・
すごいね~
心の傷が 早くなくなりますように~~
でも びっくり 読むのが 怖かったわ・・・
by: らいママ * 2017/05/19 21:58 * URL [ *編集] * page top↑
  〜らみしんか〜ちゃん。さんへ〜

長々と読んで頂きありがとうございます☆
本当はもっと書きたいことあったんですが
気付けば既に長かったからやめときました( ̄∀ ̄)

いつもはイヴはりきはと居ても怒らないし
人間が下手なことした時だけ勘違いして
攻撃しようとするんですが
今回は人間みんな留守やったのに何故でしょう?

もうパニックすぎてただただウロウロ〜
でもどんどん謎が解けていき
なんとも言えない気持ちに(*´ー`*)

家に帰って来てからはどんどん元に戻りつつあるので
遠慮なく触ってあげて下さい(^-^)v

出張で羽を伸ばして楽しんだ旦那様ですが
帰って来た日はもう私にベッタリ\(//∇//)\

我が家の男は私にメロメロよん♪
by: りきまま * 2017/05/20 10:36 * URL [ *編集] * page top↑
  〜らいママさんへ〜

いつもリョーマとは本気の喧嘩で
首に噛み付いて振り回すんで
りきはも振り回そうとしたと思います^_^

でも重いから?頑丈やから?
出来なかったみたいで勝った気分(笑)
心の傷が無ければほぼ無傷の圧勝やったのに…

もう普段はご機嫌で普通ですが
たまに変な所で泣くので焦ります( ̄∀ ̄)

大きくて頑丈な優しい子に育ってくれて良かった♪

長々と読んで頂きありがとう御座いました(*^^*)
by: りきまま * 2017/05/20 10:42 * URL [ *編集] * page top↑
 

いやぁー
大事にいたらなくて良かった~(´ー`*)ウンウン
イヴちゃんの爪がはがれちゃった傷は大丈夫かな。。
ワンコも動物だから
人が思いつかない方法で脱走したり喧嘩したりするから
留守番をさせるときは要注意だねー
うちの場合アリスがやんちゃするので
クレアはフリーでアリスはゲージINで留守番させてます

体は丈夫だけど心はガラス細工のりきはくんっ
怖かったねー
でも反撃せずに堪えたてかっこいいぞー!!
心の傷が癒えるまでは
ママに甘えんぼうしちゃおうね~(●ゝω・)b
by: ティクレア * 2017/05/20 20:09 * URL [ *編集] * page top↑
  〜ティクレアさんへ〜

ホントに発見した時は
死んじゃうんじゃないかと思ったので
大事じゃなくて良かったです(*^^*)

イヴも特に痛そうにもしてないし血も止まって
走り回って散歩にも行ってました〜( ̄∀ ̄)

もうお留守番させるのが怖いですが
そんなこと言ってられないので
しっかり考えて対策しなきゃですね…

丈夫な体とは裏腹に
心はガラス細工だったんですねー(*´ー`*)
一人でどんな気持ちだったのか…
ちょっと前に一緒にランランした子が
襲ってきたら犬不信になるかと心配しましたが
それは大丈夫みたいで
わんこや人を見かけたら尻尾振って行こうとします☆
それは本当に良かったです〜(*^o^*)

ご心配頂きありがとうございます♪
by: りきまま * 2017/05/22 15:33 * URL [ *編集] * page top↑
  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2017/06/07 20:48 * [ *編集] * page top↑
  〜ティクレアさんへ〜

えぇ〜ケンカ多かったんですか( ゚д゚)
時が経てば減ってくるのかなぁ?
嫌味なんて言ったら本気で怒られるので
冗談言うのも慎重になりますね(笑

男と女ってところでもズレがありますが
育ってきた環境がほぼ真逆なので
それも相入れぬ時がありますねぇ…

でも仲良くしたいとは思ってるので
頑張ります〜(о´∀`о)
by: りきまま * 2017/06/09 09:34 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://onelove02.blog.fc2.com/tb.php/159-6dbc495e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *